英語力が一番伸びる語学学校

海外就職ノウハウ

海外就職前に確認しておきたい、クレジットカード・国際キャッシュカードのススメ


海外就職を控えている方々には、現地通貨を引き出せるカードを確保しておくといいでしょう。

「日本円を持って行って、現地で換金すればいいのではないか」と思われるかもしれませんが、海外生活においてカード類は(VISAデビットカード・国際キャッシュカード・クレジットカードの海外キャッシングサービス)は現金よりも便利な場合が多いです。その理由を、各種カードを比較しながらお話しします。

海外就職活動では、なぜ現金を持参するよりカード利用の方が便利なのか

まず日本円を空港で換金するのはお勧めしません。レートが悪く、こちらの負担額が大きいからです。日本から若干の現金をもってきて空港以外で換金し、各種カードで必要な時にその都度現金を引き出す方が安心と言えます。

次に、各種カード共通のメリットを3点お話しします。次に、各種カード共通のメリットを3点お話しします。

安心・安全…割高なレートや換金手数料を考慮して、大多数が多額の日本円を両替所で現地通貨に換金しますが、もちろん現地通貨でも大金となります。換金所周辺は土地勘のない外国人を狙ったスリや強盗の頻発スポットであるうえ、数え間違いを装って両替金を少なく渡してくることもしばしば。

つまり多額の現金を持つ機会そのものを減らすことが被害の予防になるのです。その○○カードは現金を持ち歩かなくてよいうえ、盗まれても暗証番号で守られているため、口座の預金をそう簡単には使われません。ただしスキミングには十分注意してください。

(*:スキミング…ATMに一ミリ大の隠しカメラを設置して暗証番号を盗んだり、専用の機械でポケットに入ったクレジットカード情報を読み取ったりと手口は様々)

必要な時に現地通貨で引き出せる…国際キャッシュカード・VISAデビットカードは日本にある自身の預金口座から現地通貨で引き出すことが出来ます。クレジットカードの海外キャッシングサービスは借金扱いにはなりますが、現地通貨を引き出せるので両替の手間が省けて便利です。

ATMが多い…VISAデビットカードは提携先がVISA・PLUSの両方と決まっており、どちらか一方のマークがついたATMならどこでも日本の預金口座から現地通貨の引き落としを行えます。VISAデビットカードが使えるATMは全世界約200ヶ国・地域に230万台以上のVisaやPlusマーク付きのATMがあり、よほど辺境の地でない限り現金引き出しは可能でしょう。(http://www.jtbmoneyt.com/g/useatm/)

一方国際キャッシュカードでPLUSマークがついているものは、PLUSマークがついているATMならどこの国でも現地通貨を引き出せます。PLUSマークのついたATMは海外約200ヶ国・地域に230万台あるので、現金調達の心配はありません。

各種カードにおける海外キャッシング機能について

VISAデビットカード

最大のメリットはなんと言っても簡単に作れることでしょう。一部の銀行には審査が必要なものもありますが、ほとんどの銀行では、その銀行の口座さえあればデビットカードを作ることが出来ます。決済と同時に現金引き落としとなるので貯蓄管理もしやすく、利用限度額は口座預金額そのものなので、使いすぎることがありません。

・向いている人:クレジット機能・後払い・キャッシングが苦手な人や、クレジット審査に不安がある人、預金額が高い人

・作り方:デビットカードを発行している銀行口座を開設し、その場で申し込むか銀行HPから申し込めば、3営業日〜2週間程度で手元に届きます。

メリット デメリット
・審査がないので作りやすい(一部例外あり)
・決済と同時に現金引き落としとなるので  財政管理がしやすい
・レートが国際キャッシュカードより安い  (10万円までの引き出しならお得)
・利用限度額/日・カードショッピング利用限度額/日の上限が比較的高い
・年会費がかかるものも多い
・引き落としができない時間帯がある
・レジで暗証番号を入力する手間がある
・一括即時払いのみ ・携帯電話料金などは支払えない

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードが作れる代表的な銀行は新生銀行、シティバンクです。国際キャッシュカードのメリットは表に記載の通り。
向いている人:長期旅行者・キャッシングに抵抗がある人・未成年者(高校生など)

メリット デメリット
・審査がないので作りやすい
・実店舗での作成なら即日発行(新生銀行)
・両替の手間が省ける
・借入ではないので金利がかからない
・レートを合わせた諸々の手数料が最も割高
・発行している銀行が少ないので選べない
・ATM引出限度額/日がデビットカードより少額
・ATMによっては高額な手数料が必要な場合も

新生銀行の国際キャッシュカードは引き出し手数料が無料なので、少額の現金を小まめに引き出すことができます。しかしATMによっては、ATM使用料を徴収される場合があるので注意しましょう。特にアジアでは、1回につき200円〜400円程の高額手数料が発生するケースが多いので要注意です。

クレジットカードの海外キャッシング機能

次に、クレジットカードの海外キャッシング機能について説明します。海外キャッシングサービスは、手持ちのクレジットカードに海外利用限度額付帯がついていれば、利用することができます。

メリット デメリット
・両替の手間が省ける
・支払う諸々の手数料が、カード三種のなかでは最も安い(2か月以内に返済できる人向け)
・年会費永年無料のカードが多い
・利用限度額が大きいクレジット決済も選べるので一枚で支払方法を選べる
・海外保険付帯のものなど、カードによって様々な特典がある
・借入なので、後日返済時の出費が大きい
・使いすぎることがある

☆算出方法☆(クレジットカードの海外キャッシングサービス支払額)
金利は平均15?20%(年率)、一般的な18%の金利を算出には用いる 実際は借入期間で日割りした利率を適用
借入期間は帰国後最初の期日できちんと返済すれば長くても55日におさまる 最終的な利率は「年率18%÷365日×借入日数=%」

各種カードを作る際の注意点!

カードを作るタイミングは、渡航前を強くおススメします。その理由は、海外就職後にカードを作るのが難しいからです。海外就職をする際に、住民税の支払い義務を逃れるため、殆どの人は日本の住民票登録を抹消します。

しかし国際キャッシュカードは日本国内でのみ、かつ住民票がないと作ることができません。住民票を残しておけば、海外就職をした後に作ることも可能ですが、手続き申請のために書類を国内で受け取る必要があるため、海外で働きながら作るのは難しいでしょう。よって住民票が残っているうちに国際キャッシュカードを作ってしまう方が得策と言えます。

ちなみに海外就職をする際の人材会社とのやりとりは、平均3週間程度かかります。カードの発行には長くて2週間程度を要するため、人材会社とのやり取りを始める前に申し込みを済ませておくと、出発の数日前にはカードを受け取ることができるでしょう。

(次の記事へ)海外就職活動前にインストールしておきたいiphone・Androidアプリ

↓ゼロから海外就職を実現するための海外就職プランはこちら

留学が2万円引きになるサウスピークLINE公式アカウント

現在はコロナの感染拡大に伴う渡航禁止により、セブ島への留学が不可能な状況です。

そのため、サウスピークはLINE公式アカウントで

  • ゼブ島現地の状況
  • 自宅での英語学習のノウハウ
  • オンライン英会話サービスの選び方

を定期的に発信し、留学受け入れ再開時には、みなさまにすぐに募集のご案内できるようにしています。

LINE公式アカウントの登録者は、留学受け入れ再開時に、2万円引きでご案内させて頂きます。

役立つ内容やお得な特典が盛りだくさんなので、ぜひご登録ください。

友だち追加

オンライン本気留学はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集部

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-海外就職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.