英語力が一番伸びる語学学校

海外就職ノウハウ

【準備について】海外就職活動に必要な持ち物

海外就職する方が就職活動に持って行くべき持ち物について、まとめました。

・スーツ・革靴・ネクタイ
・パスポート
・SIMフリースマートフォン+現地のSIMカード
・ノートPC
・日本で使用していた携帯電話・スマートフォン
・紙のノートとペン
・1~2週間分の着替え
・クレジットカード・国際キャッシュカード
・「身の回りのモノ」

スーツ・革靴・ネクタイ

「海外就職に、スーツはいるんですか?」という質問もよく受けます。「海外就職」といっても、まず見られる部分は「日本で働く日本人と同じように働けるかどうか」です。よって面接も、日本で転職活動を行う場合と同様の服装で行くことが無難。面接官は日本から来た日本人担当者であることが多いです。

まずはネクタイを締めて、ジャケットを着用して面接会場まで赴き、「ジャケットを脱いでもいいですよ」という話になれば、脱ぐほうが正解。革靴を履くことは、大前提。

大抵のホテルではアイロンも借りられますし、しわ伸ばしスプレーを小分けボトルに入れて持参すれば、前日の夜に準備しておけるのでオススメ。

パスポート

日本人として出入国する際に絶対必要な個人情報証明書。これを忘れると、空港で止められ、飛行機に乗れません。

SIMフリースマートフォン+現地のSIMカード

SIMフリースマホに、現地の空港で必ず買える現地SIMカードを挿入すれば、現地でも滞りなくネットが使えるようになります。SIMロックがされているスマートフォンを持っているのであれば、事前にキャリアショップにて解除しておくと良いです。

スマートフォンでネットが自由に使えれば、現地渡航後に人材エージェントとスピード感を持ってやりとりができるので、ここまでくると必須といえるでしょう。現在の東南アジア諸国であれば、メール・Map・検索利用に耐えるネット回線ばかりなので、利用するのが吉。

ノートPC

現地の人材エージェントの担当者とやりとりするのは、主にメールです。今ではスマートフォンでも容易にメール返信できますが、複数ヶ国で就活される方は大量のメールをやりとりすることになります。また応募書類の編集等も求められるかもしれませんので、Microsotft WordやExcelは予めインストールしておくこと。

ノートPCは常時持ち運ぶことになるので、小さく、軽いものを推奨します。最新型のMacbookなら1kg切っているので、持ち歩いていても負担になりません。

日本で使用していた携帯電話・スマートフォン

和文履歴書、英文履歴書に書く連絡先は、主に「日本で使用していた携帯電話の番号」と「Skype ID」です。日本にいるときも、フィリピン留学中も、就職活動中であっても、現地エージェントからの連絡は必ずこのどちらかに来ます。海外であっても「国際ローミング」機能がオンになってさえいれば、電話を受けらます。

ただし日本の携帯電話を海外で使用する際には、基本的に「ローミング」機能をオフにしておくことを忘れずに。高額な使用料を請求されてしまいます。必要なときだけ「ローミング」をオンにし、基本的にはオフ、が正解です。

紙のノートとペン

案外忘れがちなのが、紙のノート。面接しかり、現地の日本人と会食行くときしかり、パソコンより紙のノートである方がメモは取りやすく、印象も良いです。また海外で就職活動していると日々様々な気付きがあることでしょう。しかし、言葉にしないとモヤモヤしてしまうこともあります。そんなときに、いつでも自由に考えをはき出せるノートを1冊持参しておくことを推奨します。ペンもお気に入りのものか、サッとすぐに書き出せるものが良いです。

1~2週間分の着替え

「1週間分の着替え」をスーツケースに詰めておきましょう。どこの国でも、ランドリーショップが存在し、1~3日で洗濯してくれます。割高であることが多いですが、面倒であれば、ホテルにランドリーサービスがついていることもあるので利用するのもアリ。

クレジットカード・国際キャッシュカード

日本円で大金を持ち歩くのは、誰でも腰が引けるもの。そんなときに重宝するのが、クレジットカードです。日本にいるときにキャッシング機能をオンにしておけば、現地のATMでお金をおろすことができます。また、新生銀行などの国際キャッシュカードを持っていれば、現地通貨で日本の口座から直接引き出すことも可能です。

ATMによっては偶発的にカードが使えないということもありますので、できれば複数枚所持しておくことを推奨します。1枚は財布に、1枚はスーツケースの中に保管しておけば、スリに遭ったときのバックアップになります。

シャンプー・リンス・洗顔フォーム、シワ取りスプレー、歯ブラシ・歯磨き粉、耳かき、爪切り(男性は髭剃りも)等

盲点なのが、こういった身の回りのモノ。ホテルによっては、まともに使えるものがない場合もあり、洗顔フォームは高確率で置いていません。現地でも購入できますが、可能であればリキッドパックのボトルに小分けにして、持参しましょう。

外国での就職活動は慣れないことの連続で、非常に負荷が高いです。そんなときに「身の回りのモノ」がしっかり準備できていると、ホテルに帰ってからも、落ち着けるというもの。見逃しがちなモノ達ですが、準備しておきましょう。

 

留学が2万円引きになるサウスピークLINE公式アカウント

現在はコロナの感染拡大に伴う渡航禁止により、セブ島への留学が不可能な状況です。

そのため、サウスピークはLINE公式アカウントで

  • ゼブ島現地の状況
  • 自宅での英語学習のノウハウ
  • オンライン英会話サービスの選び方

を定期的に発信し、留学受け入れ再開時には、みなさまにすぐに募集のご案内できるようにしています。

LINE公式アカウントの登録者は、留学受け入れ再開時に、2万円引きでご案内させて頂きます。

役立つ内容やお得な特典が盛りだくさんなので、ぜひご登録ください。

友だち追加

オンライン本気留学はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集部

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-海外就職ノウハウ

Copyright© ゼロから実現する海外就職 | フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.