英語力が一番伸びる語学学校

講師紹介

日本人1,000人以上のカタカナ英語を直した発音矯正のプロ、シャーメイン講師のインタビュー 日本人に英語を教えることのやりがいとは

DSC01146

↑生徒からの感謝の手紙とシャーメイン講師。
2016年4月2日〜9日までの東京と大阪で発音矯正の体験レッスンを担当するシャーメイン講師。2,000名以上の日本人の英語を直してきた彼女にインタビューを行いました。

大学での研究と4年間の講師経験で、日本人が苦手な発音を熟知した

ーーシャーメイン講師の経歴を教えて下さい。

大学院では英語専攻で、特に第二言語話者にとっての英語を研究対象にしています。これまで、サウスピークではおよそ3年の講師経験、それ以前はオンライン英会話サービスで講師経験が1年間、合計4年間日本人の英語学習者に対して英語を教えています。サウスピークでは今までで1,000人以上の日本人英語学習者に対して、発音矯正を行ってきました。

ーーサウスピークで1,000人、もう大ベテランですね。そこまでになると、日本人特有の弱点は既に網羅されているんですか。

Sharmaine-3
↑シャーメイン講師が把握している、日本人が特に苦手な発音の発音記号。

はい、日本人には特有の苦手な発音があります。主にLとR、GとZなど上記の通りです。これは今までの経験から、多くの日本人が苦手な発音だと言えるでしょう。

「日本人が苦手な発音」というのは、言い換えれば、「日本人が想像できない音」です。一般に母国語に存在していない音は、発音できないんですね。この場合、「この音は物理的にどうやって発せられるのか」を理解してもらったり、「日本語であればイメージとしてどの発音が似通っている音なのか」を知ってもらうことが重要です。

ーーサウスピークは日本語の参考書を利用していますが、日本語の参考書で生徒に教えるのは難しくないのですか?

シャーメイン講師は「英語耳」の著者である松澤先生からも直接指導を受けたことがあります。

シャーメイン講師は「英語耳」の著者である松澤先生からも直接指導を受けたことがあります。

私が発音矯正レッスンで利用している「英語耳」「フォニックス」という教科書は本当によくできていると思います。イラストもわかりやすいですし、きっちり母音と子音に分けて音が網羅されているので、1週間や2週間で1冊終わらせて短期間で英語の発音を劇的に改善する生徒さんがたくさんいます。

私は、この2冊の本を使って何千回もレッスンをしているので、どのページに何があるかを全部覚えているくらい読み込んでいます。もしかしたら、著書の松澤先生より詳しいかもしれません(笑)

ーー何千回もレッスンをしているってすごいですね。それなら確かに全部暗記してしまうかもしれません。

英語耳の松澤喜好先生にサウスピーク・発音矯正レッスンを受講頂きました。

やりがいは、「生徒に英語を教えるだけでなく、生徒からも教えられることがあること」

Sharmaine

ーー シャーメイン講師は3年間サウスピークにお勤めになっていますが、仕事にやりがいを感じていますか?

わたしがサウスピークで長く働いているのは、日本人英語学習者に英語を教えることが好きだからです。中学や高校のときは、誰かにものを教える講師や先生という仕事は魅力的に思えなかったんですよ。人にものを教えることは難しいことでしょうし、それ以上のやりがいが何かあるのだろうか、と思っていました。

DSC01143

↑講師として働き初めてから、生徒に貰った感謝の手紙を大切に保管している。

ただ、サウスピークで講師をしていると、自分が彼らに英語を教えるのと同時に、日々、生徒からも教わることも多いんですよね。例えば、日本で歯科医として仕事されている方が生徒としていらっしゃったことがありました。

彼の英文を添削していたんですが、内容は歯科に関することだったんです。日本の歯科事情なんて、フィリピンで生まれ育っている私達は普通知る由もないじゃないですか。勿論、英文法や英語表現、論理等を添削するのですが、同時に私も彼から学ぶことが多かったです。

ーー生徒からも学ぶことがあるというのはいいですね。

そうですね。また、それ以上に大きな動機になっているのは、サウスピークに来る生徒達がみんな真剣に英語学習をしているということです。

私達、講師も授業の準備をしたり、生徒のためにと思って努力はもちろんします。けれど、もし、生徒が授業の予習もしてこない、昨日教えたことを復習もしない、質問しないような学校だったら、講師がいくら努力してもその努力は水の泡です。

でも、サウスピークでは多くの生徒が熱心に勉強しているので、私たちの努力も無駄にならないんです。だから、こちらもその生徒たちの熱意に答えようという気になりますし、やっぱりやりがいに繋がりますね。そして生徒の英語力が伸びたらやっぱり嬉しいです。

英語力がほとんどゼロの状態からでも、高い目標を持って勉強する生徒達を応援したい

DSC01312

ーー勉強熱心な生徒さんが今までたくさん来られましたが、特に記憶に残る生徒さんはいらっしゃいますか。

私にとって最も記憶に残っている生徒は、Nariakiさんという生徒です。誇張ではなく、本当に英語力ゼロの状態からサウスピークに留学して英語が使えるようになって、今ではシンガポールの外資系企業で働いています。そこでも、短期間で昇進までしています。彼は在学時から高い目標を掲げていて、それを達成し、今もなお努力を続けています。

Nariakiさんが留学していたのは、サウスピーク開校当初のことでした。あの頃は私も講師歴2年目であり、まだまだ、経験が浅かったんです。だから、生徒に対して今の20倍くらいは厳しく授業を行っていたんです。加減がわからず、日本人英語学習者に何が必要なのかということも、その当時は深く理解できていませんでした。留学に来られている日本人生徒の中には、私の授業に対してお怒りの方もいらっしゃったくらいでした。

シンガポールの外資系企業で勤務されているNariakiさん

シンガポールの外資系企業で勤務されているNariakiさん

↓ Nariakiさんについてはこちらをご覧ください。
Fラン大卒、就活失敗、TOEIC250点からシンガポール外資系企業で最年少で働く日本人になるまで

ただ当時Nariakiさんだけは、私にどれだけ厳しく指摘されても、常に前向きに積極的にすべてを吸収しようという態度で学習されていました。彼には、英語力を上げて仕事に生かそう、人生を変えようという明確な意志があったんだと思います。目的であり、目標があったんです。だからこそ、彼はシンガポールで英語を使って仕事をし、更に努力されているのだと思います。

卒業後にもNariakiさんが、サウスピークを訪ねてくれましたが、あなた誰?というくらい変わっていました。自己紹介も英語でろくにできなくて自信も無さそうだった人が、1年、2年くらいでこんなに変わることがあるのだと驚きました。自分のレッスンを受けていた人が、英語が使えるようになって活躍しているのを見て素直に嬉しいですし、私は彼のことを私は誇りに思います。

ーーサウスピークでTOEIC200点から700点レベルまで上げてシンガポール就職を決めたNariakiさんですね。やはり、凄まじく努力されていたんですね・・・。短期間で人が変わるところを見れらるのもサウスピークで働く魅力の一つかもしれませんね。

そうですね。Nariakiさんだけではなく、英語力がほとんどゼロに近いのに、高い目標を持ってサウスピークに来る生徒が多くいます。そういった方々に英語を教えられることを誇りに思いますし、何か少しでも彼らの手助けができたらと考えています。サウスピークにはそのような生徒が多いので、やりがいがありますね。

ーー東京と大阪の体験レッスンでも、学習意欲の高い日本人の英語学習者が来られると思います。頑張って下さい!

大阪と東京で色々な方に会えることが楽しみです!

↓そんなシャーメイン講師が来日!発音矯正の体験レッスンは東京と大阪で開催されます。
12787623_1275667589116674_1969691448_o

留学が2万円引きになるサウスピークLINE公式アカウント

現在はコロナの感染拡大に伴う渡航禁止により、セブ島への留学が不可能な状況です。

そのため、サウスピークはLINE公式アカウントで

  • ゼブ島現地の状況
  • 自宅での英語学習のノウハウ
  • オンライン英会話サービスの選び方

を定期的に発信し、留学受け入れ再開時には、みなさまにすぐに募集のご案内できるようにしています。

LINE公式アカウントの登録者は、留学受け入れ再開時に、2万円引きでご案内させて頂きます。

役立つ内容やお得な特典が盛りだくさんなので、ぜひご登録ください。

友だち追加

オンライン本気留学はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集部

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-講師紹介

Copyright© サウスピーク日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.