英語力が一番伸びる語学学校

有名人の英語力

安倍首相のスピーチをフィリピン人英語講師に見せてみた

昨日、安倍首相が日本の首相としては54年ぶりに米国議会で演説を行ないました。

約45分間の演説でしたが、演説中の振る舞いは非常に堂々としたもので、議員が何度もスタンディングオーベンションをしていたのが印象的でした。また、スピーチの中には安倍首相のアメリカでの生活経験やアメリカ人との個人的付き合いなどの具体的なエピソードも多く、ユーモアに溢れ退屈しない内容でした。平均的日本人の英語力から考えれば非常によくできた演説だと思いますが、安倍首相の英語力を揶揄する意見もあるようです。



ということで、実際に安倍首相の英語力について、サウスピークのフィリピン人講師の意見を聞いてみました。

Yaniss講師。700名以上の日本人生徒に英語の発音を教えた経験がある講師です。そのYaniss講師には安倍首相の発音はどのように聞こえたのでしょうか。
Yaniss講師。700名以上の日本人生徒に英語の発音を教えた経験がある講師です。そのYaniss講師には安倍首相の発音はどのように聞こえたのでしょうか。

- 安倍首相の英語の発音はどうでしたか?

DSC07923

Yaniss講師:日本人の典型的な発音の間違いはありますね。例えば、[w],[ae]の発音はあまり上手く出来ていないかなと思いました。そのため、一部の単語は何を言っているか分かりにくい部分はありました。ただ、十分理解できる範囲だし、一つ一つの単語をゆっくり強調して発していたので、平均的な日本人よりは英語の発音はきれいだと思います。[w],[ae]などがもう少しよくなれば、より聞き取りやすくなると思います。

演説を聴きながら発音をチェック
演説を聴きながら発音をチェック



- 安倍首相の英語の発音は完璧とは言いがたいですが、日本人としては十分良い方だということのようです。かなり練習されたんではないでしょうか。

次は演説全体がどうだったかについても聞いて、サウスピークのスピーチの審査員をしているManilynに聞いてみました。



- 安倍首相の演説はどうでしたか?

Manilyn:何を言っているかは分かりやすかったです。感情がこもっていて、表情と文章の意味が一致しているので、とくに理解しやすかったです。日本人は話している時に感情が伝わりにくいことがあるけど、彼のスピーチはそのような部分もしっかり練習しているという印象を受けました。

サウスピークのスピーチコンテストの審査員をしているManilynに安倍首相のスピーチについての感想を聞いてみました。
サウスピークのスピーチコンテストの審査員をしているManilynに安倍首相のスピーチについての感想を聞いてみました。

あと、日本人は英語を話す時に口をあんまり開かないので聞き取りにくい時が多いですが、安倍首相は口を比較的しっかり開いていた部分も聞き取りやすかったと思います。



- 棒読みだったという批判もありますがどう思いますか?

Manilyn:たしかにもっと表情豊かに話す人もネイティブスピーカーの中にはいますが、棒読みは言い過ぎだと思います。多くの日本人のスピーチを見てきた経験から言えば、表情は感情がよく伝わる演説の部類に入ると思います。

- 総評として安倍首相の演説は英語の発音は完璧ではないようですが、表情も豊かで感情もよく伝わる演説だったといえるのではないでしょうか。

↓ ちなみに日本人でかなり完璧の発音というのはこのくらいです。

150425

↓ 11/19土〜27日まで、英語の発音矯正レッスンが新宿で無料で受けられるチャンスをご用意しました。是非、この機会に自分の発音の弱点を把握しましょう!

留学が2万円引きになるサウスピークLINE公式アカウント

現在はコロナの感染拡大に伴う渡航禁止により、セブ島への留学が不可能な状況です。

そのため、サウスピークはLINE公式アカウントで

  • ゼブ島現地の状況
  • 自宅での英語学習のノウハウ
  • オンライン英会話サービスの選び方

を定期的に発信し、留学受け入れ再開時には、みなさまにすぐに募集のご案内できるようにしています。

LINE公式アカウントの登録者は、留学受け入れ再開時に、2万円引きでご案内させて頂きます。

役立つ内容やお得な特典が盛りだくさんなので、ぜひご登録ください。

友だち追加

オンライン本気留学はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サウスピーク編集部

サウスピーク編集部

本気留学サウスピークが「フィリピン・セブ島留学 / 英語試験 / 現地生活」に関する情報をお届けします。すべての英語学習者に役立つ情報が盛りだくさんです!

-有名人の英語力

Copyright© サウスピーク日誌 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.